2017/05/07

祝詞と神拝作法について



五月七日になりました。
五月五日より二十四節気では立夏。いよいよ夏ですね。確かに一昨日からぐっとあたたかくなり、汗ばむこともあるくらいです。
七十二侯ではカエルの啼き始める季節です。子供の頃はうちのまわりが田んぼだらけでしたので、夜寝るときはカエルの大合唱が煩いほどだったのが懐かしいです。


カエルを読んだ和歌にこんなものがあります。


蛙鳴く井出(ゐで)の山吹散りにけり花の盛りに逢はましものを                        詠み人しらず (古今集,春下125)



カエルと山吹の花を一緒に詠んだ和歌が多いそうです。時期としては春の終わりを表現しています。山吹とは、ヤマブキイロというように、濃い黄色の可愛らしい花です。



さて、毎週のように「祓い」と「浄化」を二~三回おこなっておりますが、いかがでしょうか? 何か良い変化がございましたらぜひお知らせくださいませ。喜びを分かち合いたいです。


大和撫子塾もお陰様で思ったよりも多くの方に入塾いただきました。ありがとうございます。一年間共に学び、共に人生を楽しむ土台を築いてまいりたいと考えております。どうぞよろしくお願いいたします。




ところで本題ですが、ある霊能者の方の本を読んでいて、神社でふたつ柏手を打つと、神様が帰ってしまわれる、との記述がありました。実は、白川伯王家神道(通称:伯家神道)でも、神様をお送りする作法である第八種神拝作法で、胸の前で二拍手をおこなうのです。ですが、神様をお迎えする作法である第九種神拝作法では、顔の前で一拍手、みぞおちの前で一拍手をおこないます。


これらは、神棚の前に備える榊の上げ下げでおこなう作法ですので、神社でお参りするときにおこなうものではありませんが、通常みなさまが神社でお参りするときにおこなう胸の前での二拍手は、やはり神様をお送りするものであるということは間違いありません。



神棚の前で祝詞を奏上する際の方法ですが、このような手順でおこなっております。


火打石で身を清める。

  ↓

祝詞を奏上する場に結界をはる。

  ↓

第七種神拝作法に則り一礼四拍手一礼。(第七種神拝作法は伝授を受ける必要あり)

  ↓

印を組み、祝詞を奏上する。

①三種祓(さんしゅのはらひ) 1回

②身禊祓(みそぎはらひ) 3回

③大祓(おおはらひ) 1回

④一二三祓(ひふみはらひ) 3回

⑤三種祓(さんしゅのはらひ) 1回

⑥一礼

  ↓

第七種神拝作法に則り四拍手。

  ↓

一礼して祈願・決意表明。

  ↓

二礼二拍手一礼。



このような流れですので、二礼二拍手一礼は祈願や決意表明のあとにおこなっているのです。ですから神様が送られてしまっても問題がありません。そう考えてみますと、神社でも祈願や決意表明をおこなったあとに二礼二拍手一礼をした方が良さそうです。



先日いらっしゃった大和撫子塾の塾生様は、神社でお参りするときに「一二三祝詞」を唱えているそうです。そのお話を伺ったとき、数ある祝詞の中で、何故一二三祝詞を選ばれているのかなぁと少し不思議に思い調べてみました。そうしたらこんなページを見つけました。


アラフォー女性におすすめ!「ひふみ祝詞」を唱えて幸せになる方法



普段唱えている一二三祝詞ですが、意味を解説していただけてとても有難いです。ただ、奏上するときに区切る場所と、意味合いとして区切っている場所が少し違うのが気になります。そのうち調べてみたいと思います。



白川伯王家神道では、すべての神拝作法をおこなうのが困難な場合は、三種祓だけでも奏上しなさいと教えられております。三種祓はとても簡単ですので、こちらに記載しておきますね。ぜひ試してみてください。


≪三種祓(さんしゅのはらひ)≫

とほかみえみため

とほかみえみため

とほかみえみため

祓ひ給ひ清め給ふ


読み方としては、

とほーかみーえみーためー

とほーかみーえみーためー

とほーかみーえみーたーめー

はらーひーたまーひーきよーめーたーまーふー

です。



時々神社の本殿に説明書きがありますが、そこに「祓い給え清め給え守り給え幸い給え」と唱えると良いと書かれているところがあります。それに共通するものでしょうか。ぜひ試してみてくださいね。





平成29年4月1日より無料で「祓い」と「浄化」をおこないます。


ネットショップも運営しています。ぜひご覧ください。



コメント

非公開コメント